春風(ハルカゼ)

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

花弁表がローズピンク、裏が黄色の丸弁抱え咲きの花が、株を覆うように咲く。開花するにつれて、カップ咲きから平咲きになっていく。複色の花は開花後にやや退色し、のちに赤みを帯びる。他品種ひ先駆けて咲く早咲きで、数輪の房になる事が多く、花つき、花もちが良い。花枝が短く、シュートの元から先まで花をつけるので、咲きそろうと見事な景観を作る。ほとんどトゲがない強健な品種で、よく伸びるため、つるバラとしても利用できる。自然な状態では匍匐をするように伸びる。枝は細めでしなやかなので誘引しやすい。樹勢がとても強く、耐病性にも優れる。自然樹形では大きなドーム状に生育する。一季咲きだが、春の花つきのよさは群を抜いている。同じ交配種の品種に「ゴールデン・リバー」があり、良く似た特性を持つが、枝は「春風」よりも堅めでやや太く、枝ぶりもやや粗い。

春風(ハルカゼ)について

品種名(日本語)

はるかぜ

春風(ハルカゼ)
品種名(英名) Harukaze
別名
系統 LCl
作出年 1986年
作出国 日本
作出者 鈴木省三
ピンク系
香り 微香
花径 中輪
花型 カップ咲き
開花時期 一季咲き
樹形 つる性
黒星病
うどん粉病
開花の早さ
秋の開花量 無し
植栽地域 カラーガーデン
トンネル
フェンス
エントランス

春風(ハルカゼ)が植えられている花壇

春風(ハルカゼ)が植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

31 46 47 305 314 322 323 324 327 328 330 331 332 336 339

地図を拡大表示する