リージャン・ロード・クライマー

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

1993年に、イギリスの有名なプランツマンたち(Roger Phillips & Martyn Rix)によって発見されたバラで、中国雲南省の麗江路(リージャン・ロード)の道路沿いに植栽されていたため、この名で呼ばれている。花は浅いカップ状の半八重咲きで、花もちがよく、ティー・ローズ特有の芳香がある。1輪咲きもしくは数輪の房咲きになり、早咲きでモッコウバラと同じころに開花する。花がらを残すと結実するが、着色が悪く鑑賞価値は低い。シュートはある程度伸びると分枝を繰り返し、その分枝した枝に多くの花を咲かせるので冬に切ってはいけない。ティー・ローズ系としては耐寒性が比較的強く、生育がきわめて旺盛で大株になるので、植栽場所を選ぶ必要がある。

リージャン・ロード・クライマーについて

品種名(日本語)

りーじゃん・ろーど・くらいまー

リージャン・ロード・クライマー
品種名(英名) Lijiang Road Climber
別名
系統 T
作出年 -
作出国 -
作出者 -
ピンク系
香り 中香
花径 中輪
花型 半八重咲き
開花時期 一季咲き
樹形 つる性
植栽地域 香りのガーデン
チャペル周辺
カラーガーデン
トンネル
エントランス

リージャン・ロード・クライマーが植えられている花壇

リージャン・ロード・クライマーが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇2 3 4 11 14 24 44 46 316 317 339

2 3 4 11 14 24 44 46 316 317 339

地図を拡大表示する