ボニカ’82

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

サーモンピンク色の丸弁平咲き。房咲きで花つきがよい。耐病性、耐寒性に優れ丈夫で育てやすい。長く伸びたシュートがうなだれて、スプレー状の大きな房咲きになる。かすかに香る。秋の花は濃色になり、いっそう美しい。花弁が多いわりによく実がつくので、継続して咲かせたいときは花がらを切る。 2003年(第13回)世界バラ会連合「バラの栄誉の殿堂」入りを果たした品種。枝変わりに花色が濃い「ロイヤル・ボニカ」があるが、花弁数が多く花形が異なるだけでなく、樹形もより立ち性で大きくなり実もつかない。

ボニカ’82について

品種名(日本語)

ぼにか’82

ボニカ’82
品種名(英名) Bonica 82
別名 Bonica
系統 S
作出年 1981年
作出国 フランス
作出者 Meilland
ピンク系
香り 微香
花径 中輪
花型 平咲き
開花時期 四季咲き
樹形 半つる性
植栽地域 あじさいの小道
西口周辺
世界のばら園

ボニカ’82が植えられている花壇

ボニカ’82が植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇64 102 115

64 102 115

地図を拡大表示する