ピエール・ドゥ・ロンサール

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

クラッシックな花形で人気が高いつるバラ。花色は中心が淡桃色で外に向かって淡くなり、外弁はほとんど白になる。咲き始めは深いカップ咲きでやがて形の良いクォーター・ロゼット咲きになる。微香性だが花もちがよい。葉は大きく光沢のある革質で耐病性がある。シュートはまっすぐに伸び太い幹になりサイド・シュートの発生もよい。春にたくさんの花を咲かせるポイントは、冬に枝を水平近くまで曲げること。枝が堅く一度に目的の位置まで曲げられない場合は、時間をかけて徐々に曲げる。花が大きく重いのでうつむきかげんに咲くため、見上げるような高いフェンス、壁面、アーチに誘引すると開花時には見事。フランス・ルネサンス期を代表する詩人のピエール・ド・ロンサールにちなんで名づけられた。別名エデンローズの名があるように天国の花園を思わせる。 2006年(第14回)世界バラ会連合「バラの栄誉の殿堂」入り品種。

ピエール・ドゥ・ロンサールについて

品種名(日本語)

ぴえーる・どぅ・ろんさーる

ピエール・ドゥ・ロンサール
品種名(英名) Pierre de Ronsard
別名 エデンローズ88、Eden Climber
系統 LCl
作出年 1988年
作出国 フランス
作出者 Meilland.M.L.
ピンク系
香り 微香
花径 大輪
花型 クォーター・ロゼット咲き
開花時期 一季咲き
樹形 つる性
植栽地域 西口周辺
オールドローズガーデン
フェンス

ピエール・ドゥ・ロンサールが植えられている花壇

ピエール・ドゥ・ロンサールが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇102 129 330

102 129 330

地図を拡大表示する