ハンス・ゲーネバイン

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

淡いピンク色でカップ咲きのかわいい花が、数個の房咲きになる。花つきがよく、秋にもよく咲く。照り葉でしっかりした葉は、黒星病やうどんこ病に強く、非常に育てやすい。枝も硬く丈夫で、シュラブとしてはコンパクトに育つので、花壇や鉢植えにも向いている。花名は、海外で著名なバラ園芸家にちなむ。2005年バーデンバーデン金メダル、2009年ローマ国際バラコンクールシュラブ部門金メダル等受賞。

ハンス・ゲーネバインについて

品種名(日本語)

はんす・げーねばいん

ハンス・ゲーネバイン
品種名(英名) Hans Gönewein
別名
系統 F
作出年 1999年
作出国 ドイツ
作出者 Hans Jürgen Evers
ピンク系
香り 微香
花径 小輪
花型 カップ咲き
開花時期 四季咲き
樹形 木立ち性
黒星病
うどん粉病
開花の早さ
秋の開花量
植栽地域 香りのガーデン
カラーガーデン
東側エリア
オーナーガーデン

ハンス・ゲーネバインが植えられている花壇

ハンス・ゲーネバインが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇4 16 33 42 93 107

4 16 33 42 93 107

地図を拡大表示する