ドクター・ヒューイ

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

黒赤紫色の中輪種で花弁数が20枚前後の半八重咲き。温暖地ではただの赤バラになりがちだが、寒冷地では発色はとても良く、時に日焼けをする事もある。1輪から3輪の房になり、花つきが良く、株全体を赤く染めるように一面に開花する。一般のつるバラと違い、枝を曲げなくても節々から花が咲く。弁質は比較的よく、花傷みは少ない。香りは微香。葉はやや赤みを含み、非常に旺盛に茂る。枝は柔軟性があり、誘引しやすい。とげは少ない。主にアメリカでバラの台木として利用されている品種の一つ。強健だが黒星病には注意。

ドクター・ヒューイについて

品種名(日本語)

どくたー・ひゅーい

ドクター・ヒューイ
品種名(英名) Dr.Huey
別名 Shafter
系統 LCl
作出年 1914年
作出国 アメリカ
作出者 Thomas.C.G.C.
赤系
香り 微香
花径 中輪
花型 半八重咲き
開花時期 一季咲き
樹形 つる性
植栽地域 フェンス

ドクター・ヒューイが植えられている花壇

ドクター・ヒューイが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇325 327 335

325 327 335

地図を拡大表示する