アイスバーグ

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

やや細長い蕾が開くと半八重の純白で、浅いカップ咲きから平咲きに変化する。3-5輪の房咲きで、丸弁で弁端はやや波打ち、花弁数は20枚ほど。中程度の香りがある。花茎はよく伸びるが、花首が細くややうなだれて開花する。開花速度は速いが、多花性なので長期間花が楽しめ、花もちもよい。葉は明るい緑色で光沢がある。樹形は半横張り性で大きな株立ちとなる。シュートの発生が少ないので、古い株から短枝を多く出させるようにする。また、多肥栽培を心がける。耐病性が強く、育てやすい。「シュネーヴィットヘン」(白雪姫)でもよく知られ、つくりやすい清楚な白花として人気が高い品種である。枝変わりに花色が淡桃色の「ピンク・アイスバーグ」があり、さらにその枝変わりに「ブリリアント・ピンク・アイスバーグ」がある。つる性の枝変わりの「つるアイスバーグ」もあり、広く栽培されている。アイスバーグは氷山の意味。1983年(第6回)世界バラ会連合選出の「バラの栄誉の殿堂」入り品種。

アイスバーグについて

品種名(日本語)

あいすばーぐ

アイスバーグ
品種名(英名) Iceberg
別名 シュネーヴィットヘン、白雪姫
系統 F
作出年 1958年
作出国 ドイツ
作出者 R.Kordes
白系
香り 中香
花径 中輪
花型 半八重咲き
開花時期 四季咲き
樹形 木立ち性
植栽地域 香りのガーデン
チャペル周辺
カラーガーデン
あじさいの小道
フェアリーガーデン
ガーデンステージ周辺
かのやばら園・横浜イングリッシュガーデン友好ガーデン
西口周辺
オーナーガーデン
イングリッシュローズガーデン
温室及び周辺
エントランス

アイスバーグが植えられている花壇

アイスバーグが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

3 11 12 14 16 18 20 21 22 23 37 48 72 75 84 91 92 102 107 201 245 339

地図を拡大表示する