ダブル・デライト

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

アイボリー色の花弁の縁に鮮やかな赤色がある。丸弁の浅いカップ咲きで、花弁数は40枚程度。樹形は横張り性だがスレンダーで花茎は華奢に伸びるので、雨にあたるとうなだれる。弁質はよく、雨による花傷みは少ない。早咲き性でブラインド・シュートが出やすい。覆輪の色彩の強弱は日照と気温に左右される。枝は偏って伸びやすく、やや扱いにくい。枝変わりに「つるダブル・デライト」もあるが、ほぼ春にしか花をつけない。流通名は「二重の喜び」の意味で美しさと芳香にちなむ。ティー系の香りの名花として知られている。ダブルデライトの名のとおり、花と香りの両方楽しめる。1985年(第7回)世界バラ会連合選出の「バラの栄誉の殿堂」入り品種。

ダブル・デライトについて

品種名(日本語)

だぶる・でらいと

ダブル・デライト
品種名(英名) Double Delight
別名
系統 HT
作出年 1977年
作出国 アメリカ
作出者 H.C.Swim&A.E.Ellis
覆輪
香り 強香
花径 大輪
花型 高芯咲き
開花時期 四季咲き
樹形 木立ち性
植栽地域 香りのガーデン
カラーガーデン
西口周辺

ダブル・デライトが植えられている花壇

ダブル・デライトが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇10 32 102

10 32 102

地図を拡大表示する