紅(クレナイ)

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

丸弁高芯咲きで、赤みの強い濃桃色で底は黄色みを帯びる。花色は季節によって変化しやすい。数輪の房になって開花し、春も秋も花つきがよい。葉に斑が入る珍しい品種で、斑は高温期になるとほとんど目立たなくなる。樹形は直立性でまとまりがよいが、枝数が少なく、全体としてはまばらな印象の株姿になる。花壇でほかの植物と混植するとよく調和し、その個性が生かせる。

紅(クレナイ)について

品種名(日本語)

くれない

紅(クレナイ)
品種名(英名) Kurenai
別名
系統 F
作出年 2003年
作出国 日本
作出者 武内俊介 京成バラ園芸
赤系
香り 微香
花径 大輪
花型 高芯咲き
開花時期 四季咲き
樹形 木立ち性
植栽地域 香りのガーデン
カラーガーデン
温室及び周辺

紅(クレナイ)が植えられている花壇

紅(クレナイ)が植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇16 42 245

16 42 245

地図を拡大表示する