グラハム・トーマス

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

最も有名なバラのひとつで、色の豊かさとパフォーマンス性からもイングリッシュローズを代表する名花。めずらしい深みのあるピュアイエローの中輪カップ咲き、濃厚なティーローズの香り。 まっすぐに伸びてよく茂り、勢い旺盛なので、つるバラとしても育てられる。シュラブとして育てる場合は、夏の剪定をすることでよりたくさんの花を咲かせる。2000年には高名なジェームス・メイソン賞を受賞し、2008年(第15回)に41カ国加盟のバラ協会が投票で決める「バラの殿堂入り」も果たした。1.5 x 1.25m または 3-3.5m のつるバラとしても使うことができる。

グラハム・トーマスについて

品種名(日本語)

ぐらはむ・とーます

グラハム・トーマス
品種名(英名) Graham Thomas
別名
系統 S
作出年 1983年
作出国 イギリス
作出者 D.Austin
黄系
香り 強香
花径 中輪
花型 カップ咲き
開花時期 四季咲き
樹形 半つる性
植栽地域 西口周辺
オールドローズガーデン
イングリッシュローズガーデン

グラハム・トーマスが植えられている花壇

グラハム・トーマスが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

102 129 152 154 156 157 171

地図を拡大表示する