クラウン・プリンセス・マルガリータ

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

枝がアーチ状になる背の高いシュラブは、愛らしいアプリコット色の房咲きの花をつける。美しい姿をしたカップ型のロゼット咲きで、外側の花びらは反り返り、花が開くにつれてだんだんと淡い色になる。健康的で病気になりにくく、つやつやした葉をたくさんつけ、多少きびしい条件のもとでもよく育つ。ボーダーの後方に植えるのに向いているが、低めのつるバラとして育てるのもおすすめ。はっきりとしたフルーツ系ティーローズのさわやかな香り。クィーン・ビクトリアの孫娘で、一流の造園家でもあるスウェーデンのマリガリータ皇太子妃にちなんで名付けられた。1.5 x 1.25m または 2.75-3.25m のつるバラとしても使うことができる。

クラウン・プリンセス・マルガリータについて

品種名(日本語)

くらうん・ぷりんせす・まるがりーた

クラウン・プリンセス・マルガリータ
品種名(英名) Crown Princess Margareta
別名
系統 S
作出年 1999年
作出国 イギリス
作出者 D.Austin
オレンジ系
香り 強香
花径 中輪
花型 ロゼット咲き
開花時期 四季咲き
樹形 半つる性
植栽地域 あじさいの小道
イングリッシュローズガーデン

クラウン・プリンセス・マルガリータが植えられている花壇

クラウン・プリンセス・マルガリータが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

69 145 148 154 155 176 181 186 188 189 190 193 202

地図を拡大表示する