オリンピック・ファイヤー

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

丸弁カップ咲きから、その名のとおりオリンピックの聖火のように鮮明な朱色の花弁が広がっていく。花色は退色しにくい。蕾から開ききるまでの速度が遅いので長く楽しめる品種である。香りはほとんどない。樹高が低めなので、花壇などに植える場合は前列や縁取り向き。まとめて数本植えると見ごたえがある。葉は美しい照り葉。樹形はやや横張り性で、株自体がそれほど大きくはないので管理しや すい。とげが多い。耐病性、耐寒性、耐暑性ともに優れる強健種。

オリンピック・ファイヤーについて

品種名(日本語)

おりんぴっく・ふぁいやー

オリンピック・ファイヤー
品種名(英名) Olympic Fire
別名 Olympisches Feuer 92
系統 F
作出年 1992年
作出国 ドイツ
作出者 M.Tantau
オレンジ系
香り 微香
花径 中輪
花型 カップ咲き
開花時期 四季咲き
樹形 木立ち性
植栽地域 香りのガーデン
カラーガーデン

オリンピック・ファイヤーが植えられている花壇

オリンピック・ファイヤーが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇13 42

13 42

地図を拡大表示する