キャロリーヌ・ドゥ・モナコ



写真なし


純白ではない絶妙な花色だが、どこか優しさを醸し出している剣弁高芯咲き。ハイブリットティー系統で花つき・花もち共に良い品種で、四季咲き性が強く、秋まで連続して開花する。整形花が得られやすく、コンテスト用としても人気がある。肥料食いともいわれるほど多くの肥料を必要とする。花後の6月下旬と10月下旬に、油かすなどの有機質肥料を混ぜ込んだ肥料を、軽く耕した株元に施すと良い。または即効性の化成肥料でも可。花の名前は、モナコ公国キャロリーヌ王女に捧げられた事から、そう名付けられた。

キャロリーヌ・ドゥ・モナコについて

品種名(日本語)

きゃろりーぬ・どぅ・もなこ

キャロリーヌ・ドゥ・モナコ
品種名(英名) Carokine de Monaco
別名
系統 HT
作出年 1988年
作出国 フランス
作出者 Star Rose社
白系
香り 微香
花径 大輪
花型 高芯咲き
開花時期 四季咲き
樹形 木立ち性
黒星病
うどん粉病
開花の早さ
秋の開花量
植栽地域 ガーデンステージ周辺

キャロリーヌ・ドゥ・モナコが植えられている花壇

キャロリーヌ・ドゥ・モナコが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇90

90

地図を拡大表示する