ウィリアム&キャサリン

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

典型的なシャローカップ咲きで、たくさんの花びらが重なるオールドローズの特長を引き継いだ、とびきり美しいバラ。ぞれぞれの花の中心には、小さめの花びらが内側に巻き込まれたようなボタン・アイがある。全体的な印象は白いバラだが、やわらかなクリーミーアプリコット色から純白へと変化する。やがて花びらは美しく散っていく。これは白いバラにとって大切な性質と言える。病気になりにくく、比較的まっすぐに伸びてよく茂る。純粋なミルラ香で強さは中香。 ロンドンのウェストミンスター・アビーで行われた、ウィリアム王子とキャサリン王妃のロイヤル・ウェディング皇室結婚式をお祝いして、この名前が付けられました。

ウィリアム&キャサリンについて

品種名(日本語)

うぃりあむ&きゃさりん

ウィリアム&キャサリン
品種名(英名) William and Catherine
別名
系統 S
作出年 2011年
作出国 イギリス
作出者 David Austin
白系
香り 中香
花径 中輪
花型 カップ咲き
開花時期 返り咲き
樹形 半つる性
植栽地域 イングリッシュローズガーデン

ウィリアム&キャサリンが植えられている花壇

ウィリアム&キャサリンが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇178

178

地図を拡大表示する