エルモサ

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

桃色のカップ咲きで外側の花弁が少し反り返り、カップのなかはロゼットになる。5輪ほどの房咲きで細い枝は堅めで花は上を向いて咲く。ほのかな甘いティーの香りがある。樹形は半横張り性で樹高90㎝ほど。分枝がよく細い枝が数多く生じ、多くの花をつける。葉は明緑色で密に茂る。5月の一番花から初冬まで繰り返し咲く。花壇のボーダーでは前面に植え、ほかの植物と混植するとなじむ。鉢栽培では開花後、開花枝を半分ぐらいのところで剪定すると新芽のあがりがよい。エルモサはスペイン語で「美しい」の意味。1837年以前の品種。

エルモサについて

品種名(日本語)

えるもさ

エルモサ
品種名(英名) Hermosa
別名
系統 Ch
作出年
作出国 フランス
作出者 Marcheseau
ピンク系
香り 中香
花径 中輪
花型 カップ咲き
開花時期 四季咲き
樹形 木立ち性
植栽地域 世界のばら園

エルモサが植えられている花壇

エルモサが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇118

118

地図を拡大表示する