エリドゥ・バビロン

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

緑にピンクがのった花弁の中心に、チェリーレッドのブロッチが入る。10-20輪の房になり、シーズンを通してよく咲く。株は半横張り性で夏以降シュラブ状のシュートが発生する。独特な花と共にトゲが多いという、原種「ロサ・ペルシカ」の特徴がよく表れている。実がつきやすいので、こまめに花がら摘みをすることが花を長く楽しむ秘訣。花は照り葉。花名は古代バビロニアの都市の名前。

エリドゥ・バビロンについて

品種名(日本語)

えりどぅ・ばびろん

エリドゥ・バビロン
品種名(英名) Eridu Babylon
別名
系統 F
作出年 2008年
作出国 オランダ
作出者 Interplant
混色
香り 微香
花径 小輪
花型 半八重咲き
開花時期 四季咲き
樹形 半つる性
植栽地域 香りのガーデン
世界のばら園

エリドゥ・バビロンが植えられている花壇

エリドゥ・バビロンが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇111 112

111 112

地図を拡大表示する