ウルマー・ミュンスター

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

濃赤色うの丸弁抱え咲きで、弁質がよいので雨に強く花もちもよい。春に一面に咲くという品種ではないが、完全な四季咲き性で晩秋までシュートの先に何輪かずつ花をつけ長く楽しめる。香りは淡い。株元から堅く太いずんぐりとしたシュートを出す。枝が太いので巻きつけて誘引するポールやオベリスクには向かないが、フェンスやスクリーン仕立てにはよい品種である。短く切り詰めても咲くが、つるバラとして扱うのがよい。ドイツの南部の都市ウルムにある大聖堂の名前から名付けられた。

ウルマー・ミュンスターについて

品種名(日本語)

うるまー・みゅんすたー

ウルマー・ミュンスター
品種名(英名) Ulmer Münster
別名
系統 S
作出年 1981年
作出国 ドイツ
作出者 Kordes
赤系
香り 微香
花径 大輪
花型 抱え咲き
開花時期 四季咲き
樹形 つる性
植栽地域 世界のばら園
フェンス

ウルマー・ミュンスターが植えられている花壇

ウルマー・ミュンスターが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇110 323 324

110 323 324

地図を拡大表示する