ウーメロ

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

アプリコット色に中心がオレンジ色がかり、外弁が少し桃色になる。浅めのカップ咲きで外弁が波打つように咲く。香りは中程度。春以降は花数が少ない。秋の花色はすばらしく、この花が咲いていれば必ず目を引く。花もちも非常によく、咲き始めから散るまで長く楽しめる。樹形は直立性で、シュラブ状に生育し、伸長力があるので小スペース用のつるバラとしても利用できる。耐寒性、耐暑性ともにあり、日本の気候風土に合う品種である。修景用としても利用できる品種。別名のマリー・キュリーは、ポーランドのノーベル賞化学者キュリー夫人の名にちなむ。

ウーメロについて

品種名(日本語)

うーめろ

ウーメロ
品種名(英名) Umilo
別名 マリー・キュリー
系統 F
作出年 1996年
作出国 フランス
作出者 Meilland
オレンジ系
香り 中香
花径 中輪
花型 カップ咲き
開花時期 返り咲き
樹形 半つる性
植栽地域 あじさいの小道

ウーメロが植えられている花壇

ウーメロが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇66 67 68 69

66 67 68 69

地図を拡大表示する