ウィンチェスター・キャシードラル

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

「メアリーローズ」の白バージョンとも言える枝変わり品種。時おり、センターにちょっとしたピンクが入ることがあるが、親の長所をたっぷりと受け継ぐ白いバラである。花色を除いてはいろいろな意味で親種ととても共通している。総合評価は抜群で、よく茂った株にたくさんの花が付き、大きめの鉢に植えても、花だんやボーダー、生け垣にしても素晴らしい万能品種。ハチミツとアーモンドの花を感じさせる、強いオールドローズの良い香り。イギリスで最も有名な大聖堂のひとつ、ウィンチェスター大聖堂から名前が付けられた。

ウィンチェスター・キャシードラルについて

品種名(日本語)

うぃんちぇすたー・きゃしーどらる

ウィンチェスター・キャシードラル
品種名(英名) Winchester Cathedral
別名
系統 S
作出年 1988年
作出国 イギリス
作出者 D.Austin
白系
香り 強香
花径 中輪
花型 ロゼット咲き
開花時期 四季咲き
樹形 木立ち性
植栽地域 イングリッシュローズガーデン

ウィンチェスター・キャシードラルが植えられている花壇

ウィンチェスター・キャシードラルが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇175 181 190

175 181 190

地図を拡大表示する