ウィリアム・ロブ

Copyright © 2006 ばらを活かしたまちづくり推進室. All Rights Reserved.

濃い赤紫色のロゼット咲きで咲き進むとグレーがかった紫色に変化する。香りは強く濃厚、蕾には腺毛(モス)がびっしりつく。花梗の腺毛にはわずかに赤みを帯び、深緑色の葉によく合う。生育旺盛で伸長力があり、シュートは3mぐらいに伸びる大型シュラブ。枝がしなやかなので伸ばしたい方向に誘引する。高いフェンスや大きめのアーチに向く。花壇では縁取り代わりに低く長く誘引することもできる。半日陰でも生育がよく、耐病性がある強健種。品種名は作出当時のイギリスのプラント・ハンターの名にちなむ。

ウィリアム・ロブについて

品種名(日本語)

うぃりあむ・ろぶ

ウィリアム・ロブ
品種名(英名) William Lobb
別名 Old Velvet Moss
系統 M
作出年 1855年
作出国 フランス
作出者 J.Laffay
紫系
香り 強香
花径 中輪
花型 ロゼット咲き
開花時期 一季咲き
樹形 半つる性
植栽地域 世界のばら園
イングリッシュローズガーデン

ウィリアム・ロブが植えられている花壇

ウィリアム・ロブが植えられている花壇を地図上で赤く表示しています。
赤い部分をクリックすると、同じ花壇に植えられている他の品種をご覧いただけます。

地図が表示されないかたは、下記の花壇番号よりご覧ください。

花壇177 186 205

177 186 205

地図を拡大表示する